ITの活用課題と今後の期待、及び効果

経営課題と情報技術(IT)の活用課題

7割超の企業が、「コストの削減、業務効率化」を重視している、次いで「営業力・販売力の維持・強化」や「新規顧客の獲得」となっているものの、ITを導入していない企業が多い。

2013年中小企業白書 中小企業庁 平成25年4月から「ITの導入・活用の課題」からみると

図-1 [画像をクリックすると拡大表示します]

2018年版中小企業白書・小規模企業白書概要では、

2018年版「中小企業白書」第2部・第4章・第 1 節 中小企業の IT 利活用の現状と課題では、上記、図-1とほぼ同等の様で課題は変わっていないようです。

 ITの導入・利用を進めようとする際の課題

図-2に関する情報は取り上げていない。

IT 利活用の効果向上と業務領域間の機能連携:23/63では、この5年の間にIT利活用が進んだ企業においては、機能連携が労働生産性を向上させるがことが出来ている。
以下は、業務領域間の機能連携の一例である。
●給与計算の結果が、会計処理にも自動的に反映される(人事・労務と財務・会計の連携)。
●受発注の処理と在庫の変動が連動している(受発注と在庫管理の連携)。
●新規取引先を顧客管理データベースに登録すると、受発注システムからも利用できる(顧客管理と受発注の連携)。

中小企業の IT活用の効果と活用の実態(中小企業白書(2016年版)第2部 中小企業の稼ぐ力より)

下図はIT投資を行っている企業と行っていない企業の直近3年間平均の売上高、売上高経常利益率を業種別に比較したものである。これを見ると、売上高、売上高経常利益率共に、IT投資を行っている企業の方が、行っていない企業に比べて水準が高いことが分かる。

[画像をクリックすると拡大表示します]

この結果はあくまでも相関関係であり、このグラフからはIT投資により売上拡大や利益率向上の効果が得られたのか、または もともと売上高や売上高経常利益率の水準が高い企業がIT投資を行っているのか?

しばらくおまちください・・・

パソコンを知るために(耳学問からサヨナラ)