『情報化』のさまざまな局面

『情報化』とは、企業内に存在する様々な情報を、整理し加工・編集して、企業内で利用してそして企業外に発信していくことです。
これを常に連続的に行うことにより企業の発展へとつながります。
企業規模により『情報化』を進めるための、ステップの段階などは違うと思います、ここでは、専門部門(SEなど)を置けない企業について『情報化』のさまざまな局面を網羅しています。

  1. 『情報化』行うためのステップ
    1. 『情報化』を行わなければという方(経営者など)は少なく、最初に思うのは、受注を上げなくて、利益を上げなくてと思うのが通常です。
    2. 『情報化』を進める上でまず、推進役が必要です、専門部門のない企業の推進役は経営者が行わなければならないでしょうが経営者が忙しくて手が回らないくても経営者が“『情報化』に取り組むぞ”と宣言して後は社員に役割分担をすれば『情報化』というプロジェクト(全部署参加が前提)は進むでしょう。
    3. 『情報化』の一歩は伝票(アナログ情報)の種類の整理から、整理が終わったら、流れを整理(いわゆるフローチャート)して図表化(伝票名や項目名も)してみましょう。
    4. 図表化の検討を推進役を中心に実施してみると、自社の上の流れが把握できます。
    5. 着眼点の第一点は情報が各部署に正しく伝わっているか?でしょう。誰でもが考えるのは受発注情報でしょうが、見過ごされるの勤怠情報です。
    6. 別な見方として伝票上の項目名です、内容は同じなのに項目名が違う事があります、等など“あれっ?”という事が見つかるでしょう。

    *このステップで作成した、図表化された資料はシステム構築時の大事な資料となります。幾度か見直すことにより追記修正を行っていくことが良いでしょう。ベンダーなどに外部に依頼するときにも、この資料と対比していくことでベンダーへの依頼内容も確実に行えます。

  2. 『情報化』行うためのカベ
  3. 『情報化』システム構築へ